タンゲレチン(ポリメトキシフラボノイド類/フラボノイド)

タンゲレチンには、抗酸化・認知症予防などの効果について報告されています。文献参照。

 

慣用名

タンゲレチン(Tangeretin)

CAS No.

481-53-8

分子式

C20H20O7

M.W.

372.37

シークヮーサー

果皮
mg・gDW-1

未 熟

9.36

適 熟

4.51

カーブチー

未 熟

14.62

適 熟

7.62

オート-

未 熟

1.44

適 熟

1.25

タロガヨ

未 熟

11.90

適 熟

7.08

クネンボ

未 熟

1.24

適 熟

0.47

タンカン

未 熟

3.94

適 熟

2.21

シークヮーサー

果汁
μgmL-1

未 熟

0.47

適 熟

0.41

カーブチー

未 熟

0.20

適 熟

0.65

オート-

未 熟

0.54

適 熟

0.41

タロガヨ

未 熟

0.14

適 熟

0.33

クネンボ

未 熟

0.12

適 熟

0.20

タンカン

未 熟

0.12

適 熟

0.10

主な効能

抗酸化・認知症予防

文献

4

参考文献

4

El-Shaimaa A. A., Zhu, Q., Baracat, B. M., Wani, G., Zhao, Q., El-Mahdy, M. A. and Wani, A. A. 2009. Tangeretin sensitizes cisplatin-resistant human ovarian cancer cells through downregulation of phosphoinositide 3-kinase/Akt signaling pathway. Cancer Res. 69: 8910-8917.