ナリンゲニン(フラバノン類/フラボノイド)

ナリンゲニンには、抗炎症・代謝促進・抗酸化作用などの効果について報告されています。文献参照。

 

慣用名

ナリンゲニン(Naringenin)

CAS No.

480-41-1

分子式

C15H12O5

M.W.

272.25

シークヮーサー

果皮
mg・gDW-1

未 熟

0.27

適 熟

0.21

カーブチー

未 熟

0.04

適 熟

0.46

オート-

未 熟

-

適 熟

-

タロガヨ

未 熟

0.18

適 熟

0.14

クネンボ

未 熟

0.13

適 熟

0.02

タンカン

未 熟

-

適 熟

-

シークヮーサー

果汁
μgmL-1

未 熟

0.01

適 熟

+

カーブチー

未 熟

0.02

適 熟

0.07

オート-

未 熟

-

適 熟

0.02

タロガヨ

未 熟

0.45

適 熟

0.01

クネンボ

未 熟

-

適 熟

0.05

タンカン

未 熟

-

適 熟

0.02

主な効能

抗炎症・代謝促進・抗酸化

文献

6,7

参考文献

6

Hirata, M., Matsumoto, C., Takita, M., Miyaura, C. and Inada, M. 2007. Naringin suppresses osteoclast formation and enhances bone mass in mice. J. Health Sci. 55: 463-467.

7

Hirata, T., Fujii, M., Akita, K., Yanaka, N., Ogawa, K., Kuroyanagi, M. and Hongo, D. 2009. Identification and physiological evaluation of the components from Citrus fruits as potential drugs for anti-corpulence and anticancer. Bioorgan. Med. Chem. 17: 25-28.