ヘキサメトキシフラボン(ポリメトキシフラボノイド類/フラボノイド)

ヘキサメトキシフランボンには、肥満抑制・抗酸化・抗炎症作用などの効果について報告されています。文献参照。

慣用名

ヘキサメトキシフラボン(Hexamethoxyflavone)

CAS No.

478-01-3

分子式

C21H22O8

M.W.

402.39

シークヮーサー

果皮
mg・gDW-1

未 熟

-

適 熟

-

カーブチー

未 熟

-

適 熟

-

オート-

未 熟

0.14

適 熟

0.62

タロガヨ

未 熟

-

適 熟

-

クネンボ

未 熟

-

適 熟

-

タンカン

未 熟

-

適 熟

-

シークヮーサー

果汁
μgmL-1

未 熟

-

適 熟

-

カーブチー

未 熟

+

適 熟

-

オート-

未 熟

-

適 熟

-

タロガヨ

未 熟

+

適 熟

-

クネンボ

未 熟

-

適 熟

-

タンカン

未 熟

-

適 熟

-

主な効能

肥満抑制・抗酸化・抗炎症

文献

1

参考文献

1

Akachi, T., Shiina, Y., Ohishi, Y., Kawaguchi, T., Kawagishi, H., Morita, T., Mori, M. and Sugiyama, K. 2010. Hepatoprotective effects of flavonoids from Shekwasha (Citrus depressa) against D-Galactosamine-induced liver injury in rats. J. Nutr. Vitaminol. 56: 60-67.