ヘプタメトキシフラボン(ポリメトキシフラボノイド類/フラボノイド)

ヘプタメトキシフラボンには、抗がん・抗炎症・抗酸化作用などの効果について報告されています。文献参照。

 

慣用名

ヘプタメトキシフラボン(heptamethoxyfravone

CAS No.

1178-24-1

分子式

C22H24O9

M.W.

432.42

シークヮーサー

果皮
mg・gDW-1

未 熟

-

適 熟

-

カーブチー

未 熟

5.66

適 熟

5.15

オート-

未 熟

5.21

適 熟

3.70

タロガヨ

未 熟

7.99

適 熟

4.69

クネンボ

未 熟

8.72

適 熟

3.15

タンカン

未 熟

5.34

適 熟

4.01

シークヮーサー

果汁
μgmL-1

未 熟

-

適 熟

-

カーブチー

未 熟

0.12

適 熟

0.62

オート-

未 熟

0.58

適 熟

-

タロガヨ

未 熟

0.17

適 熟

0.33

クネンボ

未 熟

0.72

適 熟

1.91

タンカン

未 熟

0.23

適 熟

0.07

主な効能

抗がん・抗炎症・抗酸化

文献

19,20

参考文献

19

Miyata, Y., Sato, T., Imada, K., Dobashi, A., Yano, M. and Ito, A. 2008. A citrus polymethoxyflavonoid, nobiletin, is a novel MEK inhibitor that exhibits antitumor metastasis in human fibrosarcoma HT-1080 cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 366: 168-173.

20

Nakajima, A., Yamakuni, T., Haraguchi, M., Omae, N., Song, S-Y., Kato, C., Nakagawasai, O., Tadano, T., Yokosuka, A., Mimaki, Y., Sashida, Y. and Oizumi Y. 2007. Nobiletin, a citrus flavonoid that improves memory impairment, resucues bulbectomy-induced cholinergic neurodegeneration in mice. J. Pharmacol. Sci. 105: 122-126.