エリオシトリン(フラバノン類/フラボノイド)

エリオシトリンには、抗炎症・皮膚回復促進作用などの効果について報告されています。文献参照。

 

慣用名

エリオシトリン(Eriocitorin)

CAS No.

13263-28-0

分子式

C27H32O15

M.W.

596.53

シークヮーサー

果皮
mg・gDW-1

未 熟

-

適 熟

-

カーブチー

未 熟

-

適 熟

-

オート-

未 熟

0.02

適 熟

-

タロガヨ

未 熟

-

適 熟

-

クネンボ

未 熟

0.09

適 熟

-

タンカン

未 熟

-

適 熟

-

シークヮーサー

果汁
μgmL-1

未 熟

-

適 熟

+

カーブチー

未 熟

0.22

適 熟

+

オート-

未 熟

-

適 熟

+

タロガヨ

未 熟

0.13

適 熟

0.11

クネンボ

未 熟

0.57

適 熟

0.61

タンカン

未 熟

0.45

適 熟

0.46

主な効能

抗炎症・皮膚回復促進

文献

17,18

参考文献

17

Minato, K., Miyake, Y., Fukumoto, S., Yamamoto, K., Kato, Y., Shimomura, Y. and Osawa, T. 2002.
Lemon flavonoid, eriocitrin, suppresses exercise-induced oxidative damage in rat liver. Life Sci. 72: 1609-1616.

18

Miyake, Y., Sakurai, C., Usuda, M., Hiramitsu, M. and Kondo, K.2009. Preparation of a lemon flavonoid aglycone and its suppressive effect on the susceptibility of LDL to oxidation following human ingestion. Food Sci. Technol. Res. 15: 83-88.