本Webサイトは、沖縄県産業振興基金補助金を受けて、沖縄科学技術振興センターが管理法人として実施した「沖縄県産柑橘のヒーリングアロマ効果を活用した機能性果汁飲料の開発」成果の一部です。  

沖縄カンキツの魅力

沖縄には、シークヮーサー、タンカンをはじめ、オートー、カーブチー、クネンボなど、日本の他地域にはない亜熱帯特有なカンキツ類があります。10年ほど前、中でもシ―クヮーサーは、機能性成分「ノビレチン」を豊富に含むことが知られ、沖縄を代表するカンキツとして全国的に認知されました。県産カンキツには、ノビレチン以外にも病気予防や健康維持に重要と考えられる機能性成分が多く含まれており、その成分や含有量は果実の種類や生育の時期などによって異なることが知られています。

タンカン
タンカン

沖縄県では、カンキツ類の高度利用を図るために、県産カンキツの網羅的な成分研究と、その機能性成分の作用を細胞レベル、動物実験レベルで検証するプロジェクト(「沖縄県産柑橘のヒーリングアロマ効果を活用した機能性果汁飲料の開発」財団法人沖縄科学技術振興センター平成21年度採択)を推進しています。沖縄県産カンキツ類に含まれる成分とその機能性に関する網羅的な研究によって、沖縄のカンキツ類の大きな可能性が明らかになろうとしています。

本Webサイトでは、これらの研究に関わる研究者とインタビューおよびカンキツ類の紹介を通じで、カンキツが身近な存在となることを期待しています。